せかいのはしっこ-協力隊日記-

JICA青年海外協力隊 2019-3次隊(2021-7)ジンバブエ共和国派遣。(COVID-19により出国遅延。2021/08〜)コンピュータ技術。教員養成校にて、PC/NWの修理/管理や授業等で活動中。

協力隊活動430/730日目

こんにちは。らふです(・ω・)ノ
「協力隊活動430/730日目」

 

出勤時間の変更。
前日には7-8時の間に迎えにいくと言われていたのに
当日の朝5時に電話がかかってきて
(目覚ましかと思った😂)
6時に行くから!と言われて、いやいや待て待て😇
ブログなければ余裕ですが、
残された1時間のうち40分を
ブログに捧げるという暴挙🤣
(いつもそれくらい時間かけてます💦)
昨日の晩御飯のパスタ残しといてよかったと
思わんばかり。

 

朝早すぎてホテルの朝食食べられないのでラッキー。
校長を迎えに行く途中、
私たちは郊外へ向かっているものの、
タウンへの方面が通勤ラッシュアワー
約20kmも混んで、ずっと車だらけ😂
さすが首都ハラレ。

校長の家に早く着きすぎて近くのseke teachers collegeを探索

校長はお姉さんの家に泊まっていたそうで
お姉さんは教育省のハラレ支部HRのministryらしい🙃
お偉いさんすぎた。
首都に車での砂利道で車が砂だらけで汚れて
これでは出張先の学校に失礼、ということで
朝から洗車🤭とは言っても、
タオルと洗車用の液体で拭いていくだけ。
車内で朝早くからの安全な移動にお祈りして。
道中、ジンバブエで初めて井戸を見て。
女性が水汲みにバケツの人がわんさか。
女性が家事全てをするという習慣が
ここからよく分かります。水なんて重いのに。

清掃

Kushinga Phikelela polytechnicへ到着🙌
卒業式で、教育省のtopの人が来て挨拶したり
(配属先ムコバの卒業式にもいらしたので
挨拶2回目。)
まぁ卒業式の内容、流れはほぼ一緒ですね。
ムコバの方が、力入ってる感凄かったですが💦
首席卒業や成績優秀者への表彰も
ムコバの方がめちゃくちゃ派手で
賞金180USDやトロフィー🏆️、他色々ありましたが 
Kushingaは最高40USDでトロフィー等の
物の贈呈もなかったです😶

VP、来賓として花を頂き

Kushingaの良かった点は
スタートが結構遅れたのに
予定の20分押しだけでほぼ時間通りに卒業式終えたところ。
ムコバは2時間くらい遅れて終わりましたから🌀
教育省のJICA担当者、気に掛けてくれていて
いつも誰がどこにいるのか把握していて
見つけては、挨拶してくれたり気に掛けてくださり
ほんと凄いと思う🤔
再来週の出張の件、OKしたから!って言われたものの
私はChinoyiとJICAから聞いていたはずが
教育省の人はBlawayoだよ、と言ってきて
違う気がするんだが、まぁいいや、と。

図書室。
Librarianがめちゃ優秀な人すぎてびっくり。
ITに精通していて何故そんなに詳しいのか聞くと趣味だそう。
大学はNUSTを卒業されておりジンバブエの2,3位を争う優勝な大学。
日本の映画やアニメをめちゃめちゃ見ていて、
ブラワヨでsushiの店に行ったりしたことがあるそうな。
超優しくて、半日お世話になりました。

また、月末にkwekwepolytechnicへの出張確定🤣
今月、本気で忙しくなりそうです。

 

Kushinga polytechnicには隊員がいるため
尚更、とても私にも優しくしてくださり
色んな教員方が挨拶してくださり、
ICTのトップにも挨拶して。
卒業式終えた後、他の人はランチタイムに入ってましたが
私にはそんな時間がなくICT担当者と色々会話。
総じて感じたのは、やはり
University, polytechnic, teachers college、
それぞれプライドがあって、
Universityは他二つを見下すし
polytechnicはteachersを見下すし
実際は、teachersとpolytechnicは対等なはずなのに
見下されるため、teachersはpolytechnicに反発するし🙃
だからteachersから来た私はpolytechnicのICT担当者と話すと
めちゃ見下される感じが強いです😐
逆にteachersからteachersへ視察にいくと
お互い技術教えて!情報交換しよう!という
仲間意識が凄く感じられます。

軽食ランチ
VPご飯は、高いアイスが2種類、豪華な肉など振る舞われていて
食べたかったものの、私の趣旨はICTの人と話すことだったので
豪華ランチする時間なく。

全部終えた後、校長がど田舎巡りをし始めて
Nhowe、waterloo、Montana、Theydonなど
ほんとに田舎をだらだら走りまくる。
その辺に歩いている住人や子どもに道を聞きながら。
途中、子どもたちが口笛を吹いてきたので
何なのか聞くと、「田舎町へのようこそ」という
お出迎えだそう😎

こんな場所通ったり。
もはやコンクリート道路が悪すぎて、端の土上を走るのが
ジンバブエの普通。

農場、水やりのラインだそう。めちゃ広い農場でした

道中、ドライバーに買ってもらったジュースとお釣りの飴

セメントでブロック作っている場所。minining

ヤギ、猿、大きな猿など見たり。
帰り、ガソリン入れようとすると、
ガソリンスタンドがガソリン切れとかで
他の場所に入れに行って😂😂😂

Bernald Mizeki Shrineと呼ばれる田舎町では有名な場所。

chinaと絡まれてショナ語喋りまくったら、笑って受け入れてくれた

夕日最高

晩ご飯
125gも入って0.44セントのブルーベリーとトマト。
こういうトマト任地には売って無くて、嬉しい

では(@^^)/~~~